国立民族学博物館(みんぱく)は、博物館をもった文化人類学・民族学の研究所です。

開館40周年記念特別展「ビーズ―つなぐ・かざる・みせる」

  • 会場:国立民族学博物館 特別展示館
  • 会期:2017年3月9日(木)~ 6月6日(火)
  • 開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
  • 休館日:毎週水曜日休館
    (ただし、期間中5月3日(水・祝)は開館)
  • 無料観覧日:3月12日(日)
  • 主催:国立民族学博物館
  • 協力:大阪府立近つ飛鳥博物館、大阪府立弥生文化博物館、岡山市立オリエント美術館、京都古布保存会、公益財団法人大阪府文化財センター、KOBEとんぼ玉ミュージアム、松野工業株式会社、ミキモト真珠島 真珠博物館、千里文化財団
  • 観覧料:
    一般420円(350円)
    高校・大学生250円(200円)
    小・中学生110円(90円)

    ・( )は、20名以上の団体料金、大学等*の授業でご利用の方、授業レポート等の作成を目的とする高校生、3ヶ月以内のリピーター、満65歳以上の方の割引料金(要証明書等)
     *大学等は、短大、大学、大学院、専修学校の専門課程
    ・障がい者手帳をお持ちの方は、付添者1名とともに、無料で観覧できます。
    ・毎週土曜日は、小学生・中学生・高校生は無料で観覧できます。ただし、自然文化園(有料区域)を通行される場合は、同園の入園料が別途必要です。

 

はじめに

飾り玉、数珠玉、トンボ玉などを総称するビーズ。ガラスや石や貝だけではなく動物の歯や虫の羽などから新たな世界がつくりだされます。

本展示では、私たち人類が作り出した最高の傑作品の一つとしてビーズをとらえて、つくる楽しみ、飾る楽しみをとおして日本や世界の人びとにとってのビーズの魅力を紹介します。